質問・回答

◆ カテゴリーから探す ◆

 

このホームページの利用に関して

質問1 空き家バンク「すみか」を利用するには、利用者の登録が必要ですか。

 登録の必要はありません。ただし、売りたい、貸したい方は空き家バンク「すみかを運営する定住促進委員会の宅建業者と媒介契約を結んでいただかなければなりませんが、買いたい、借りたい方の利用に何ら制約はありません。

質問2 現在伊達市には住んでいませんが、空き家バンク「すみか」を利用することはできますか。

 利用できます。お気軽に空き家バンク「すみか」にお問い合わせください。

質問3 空き家バンク「すみか」を通じて、相続や登記、リフォームのことなどを相談することができますか。できる場合は有料ですか。

 不動産に関することはどんなことでも結構です。是非、お気軽に空き家バンク「すみか」へお問い合わせください。なお、相談は無料です。

 

不動産を買いたい、借りたい

質問1 現地を訪問したいときなどは土日、祝日でも対応してもらえますか。

 対応したいと考えています。具体的な日程を空き家バンク「すみか」にお問い合わせください。

質問2 移住に際し何か支援はありますか。

 市では、移住に関するご相談を常時お受けし、実際に生活できる移住体験を実施しています。あらかじめご連絡いただければ市内のご案内もいたします。各種移住情報パンフレットも用意しております。詳しい内容はこちらをご覧ください。

質問3 仲介手数料はかかりますか。

 売買(賃貸)契約が成立したとは、法律で定められた仲介手数料媒介契約を結んだ宅建業者に支払うことになります。

質問4 借りたい物件に複数の希望者があったときはどうなるのでしょうか。

 様々なケースがありますので、お客様と十分な話し合いのもとに進めさせていただきます。

 

不動産を売りたい、貸したい

質問1 不動産(家屋と敷地)を売りたいのですが、どこに相談すれば良いのですか。

 先ず、空き家バンク「すみか」にお問い合わせください。具体的な手順をご案内します。

質問2 不動産(家屋と敷地)を売りたいのですが、相談にどのぐらいの費用がかかるのですか。

 相談に費用はかかりません。売買(賃貸)契約が成立したときでなければ費用(仲介手数料)はかかりません。

質問3 売る物件、貸す物件は、市内の物件であれば載せていただけるのですか。

 そのとおりです。ただし、空き家バンク「すみか」を運営する定住促進委員会の宅建業者と媒介契約を結んでいただかなければなりません。

質問4 物件を掲載するために費用はかかりますか。

 掲載のための費用はかかりません。ただし、掲載したいとお考えの場合は、空き家バンク「すみか」を運営する定住促進委員会の宅建業者と媒介契約を結んでいただかなければなりません。

質問5 物件の売買は、個人で取引するのでしょうか。

 個人が行ってもかまいませんが、物件を掲載する際に媒介契約を結んだ定住促進委員会の宅建業者が取引を仲介します。

質問6 仲介手数料はかかりますか。

 相談に費用はかかりませんが、売買(賃貸)契約が成立したとは、法律で定められた仲介手数料媒介契約を結んだ定住促進委員会の宅建業者に支払うことになります。

質問7 現在住んでいる物件を登録することは可能ですか。

 売買(賃貸)が成立したときに物件を明け渡すことができることが前提となります。

質問8 古い建物ですが修繕は必ず必要でしょうか。

 様々なケースがありますので一概には言えません。媒介契約を結ぶ定住促進委員会の宅建業者にご相談ください。

質問9 売りたい、貸したい場合、どの宅建業者に依頼しても適切な評価額で契約できるのでしょうか。

 宅建業者をはじめとする定住促進委員会の会員事業者は、いずれも長い間市内で事業を営んできた優良企業です。勿論、販売(賃貸)価格がどの事業者であっても同額ということはありませんが、お客様と十分な話し合いのもとに決定しますので、どの業者をお選びいただいてもご納得いただけるものと自負しています。

質問10 物件が空き家バンクに登録されるまでの流れを教えてください。また、登録までにどれくらいの時間がかかるのですか。

 先ず、空き家バンク「すみか」を運営する定住促進委員会の宅建業者と媒介契約を結んでいただきます。契約を終えますと宅建業者は、掲載のためのデータ収集を行い、収集したデータをホームページの管理会社に送ります。管理会社は、受け取った情報をホームページ上に掲載します。特別なことがなければ、掲載までには2週間程度を見込んでいます。

 

まちに関して

質問1  伊達市はどの様な気候の地域でしょうか。

 伊達市は年間を通じて温暖で降水量が少なく、「北の湘南」といわれています。市街中心部は雪も少なく「雪かき」の苦労があまりありません。
 一方、大滝区は市街地に比べ冬期の積雪は多く冬の厳しさを感じますが、その良質な雪を利用したスポーツが盛んです。また、国内有数の温泉郷として知られています。

質問2 市内の主な交通機関はなんですか。

 合併前の旧伊達市域は、郊外から市内中心部を横断する形で都市間バスが運行し、中心部には循環バスが走っています。また、海岸に沿ってJR北海道室蘭本線が函館、札幌間を結んでおり、有人駅が1駅、無人駅が5駅あります。

質問3 市内での日用品などの買い物に不便はありませんか。

 市内には、大型のスーパーが複数あるほか、地元企業のスーパーも市内各地立地しています。飲食店も豊富で、伊達産の食材などを使用した料理もたくさんあります。観光物産館では、野菜を中心に伊達産の食材を数多く扱っています。

 

就農、就業に関して

質問1 新規就農を考えていますが、どこに相談すればいいのでしょうか。

 市の農務課が新規就農の相談窓口となっておりますのでご相談ください。